1441594423ETxBEaeePcIFkeR1441594422

【ハリー・ポッター】リカルド・クアレスマの【絶対真似できない】右足アウトサイドでのスーパーゴール集!

記事が気に入ったらシェア!

☆海外の日本代表選手が出場する試合を賭けたいならこちら↓↓

日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓

曲芸という言葉最も似合うハリーポッターと呼ばれた選手

あなたは、リカルド・クアレスマという選手を知っているか。

フルネームは、リカルド・アンドラーデ・クアレスマ・ベルナルド。

ポルトガル・リスボンで1983年9月26日に生を受けた。

ダウンロード

愛称は、そのプレースタイルからハリーポッター。

harry-potter

プレースタイルは、右のアウトサイドキックを愛用し、曲芸的ドリブルを好む。

トリッキーなプレーをすることに固持するあまり

ビッククラブで大きな活躍を収めることはできなかったが、

印象に残るプレーを披露してきた。

スポルティング・リスボンからいきなりビッククラブのバルセロナへ移籍するも1年でデコとトレードで放出

地元の名門 スポルティング・リスボンの下部組織から2001~2002シーズンにトップチームに昇格し、デビュー。

すると、即座に名門の主力に定着し国内2冠に貢献し、翌シーズンも活躍。

そして2003年夏に、FCバルセロナに引き抜かれる。

Soccer - UEFA Cup - Fourth Round - First Leg - Celtic v Barcelona

バルサに移籍してもすぐにレギュラーをつかみも、シーズンが進むにつれフォーメーション変更等でスタメンの機会が激減する。

すると、指揮官のフランク・ライカールトと衝突し

2004年夏にデコとのトレードでポルトガルの名門 FCポルトに放出。

deco-barcelona

また、このシーズン終盤に足の甲を骨折し、シーズン終了後に待っていた母国開催のEURO2004とU-21欧州選手権の欠場を余儀なくされた。

仮に、出場していればどちらも、主軸として活躍していたはずだった。

なんせ、フィーゴの7番の後継者として期待されていたのは、

クリスティアーノ・ロナウドではなく、このクアレスマだったのだから。

失意のままポルトガルの強豪ポルトに移籍。チームにリーグ3連覇をもたらす活躍をみせる

1シーズンでの母国復帰となったが、けがから復帰するとすぐに輝きを取り戻す。

ポルトでも主力となり、移籍2シーズン目の2005~2006シーズンに国内2冠に貢献するも、2006FIFAワールドカップのメンバーから漏れた。

それでも、精神的に成熟したクアレスマは、翌2006~2007シーズンもポルトのリーグ連覇に貢献。

635892_w2

自身も年間MVPを受賞し、ビッククラブ移籍が噂されるも残留。

2007~2008シーズンも主力として貢献し、ポルトにリーグ3連覇をもたらす。

それを置き土産に2008年夏 同胞ジョゼ・モウリーニョが就任したイタリア・セリエAのインテル・ミラノに移籍した。

ビッククラブ再挑戦へ。モウリーニョの率いるインテルに移籍

心身ともに成熟し、満を持しての国外ビッククラブ再挑戦だったが、待っていたのは苦戦の日々だった。

quaresma_inter_1

相思相愛のはずだったが、モウリーニョの戦術にフィットせず、イタリアラジオ局のリスナーが最も期待はずれだった選手を選ぶ

イタリア年間最悪選手賞

通称「金のバケツ賞」を受賞してしまう。

そのせいもあってか、2009年にプレミアのチェルシーにレンタル移籍で放出。

quaresma

2009-2010シーズンにはインテルに復帰し、フィーゴがつけていた7番を受け継いだが

わずか3試合の出場にとどまり、そのシーズンの3冠に貢献することはできなかった。

ユーロ2016でポルトガル代表に選出。クリスティアーノ・ロナウドのよき相棒に

現在はトルコのベシクタシュでプレーするクアレスマ。

2014年に復帰したポルトではチャンピオンズリーグのバイエルン戦でノイアー相手に

得意の右足アウトサイドでのシュートをゴールに叩きこんだ。

魔法使いと呼ばれた男の完全復活を果たした瞬間だった。

「努力は下手くそがやること」

「連係?俺が全員をドリブルで抜いてシュートを決める

http://bylines.news.yahoo.co.jp/komiyayoshiyuki/20150416-00044873/

かつては傲慢な態度をとっていた天才は、今ではチームために守備をするのも厭わない。

ポルトガルでは同じスポルティング・リスボンの下部組織出身の

ドリブラーということでクリスティアーノ・ロナウドと比較され続けてきたが、

クアレスマはロナウドのことを弟のように可愛がり、

共にエゴイスティックな1面を持ちながらピッチ内外で、良好な関係を築いている。

ポルトガルはユーロで現在、ベスト4になんとか残っている。




バイエルン所属のレヴァンドフスキ擁するポーランドをPK戦の末下し

次はベルギー対ウェールズの勝者と対戦することになっている。

622_998e2764-7392-3d61-a570-46747c8e6d2d

ロナウドとクアレスマの天才同士のコンビネーションプレーが発揮されれば

勝つ見込みは十分にある。

ハリーポッターの大会での更なる活躍に期待しようではないか。


この記事の感想をコメント欄に書いてください。みんなのサッカーに対する思いをシェアしよう!記事が気に入ったらSNSでシェアしてくれると超嬉しいので下のボタンをポチってね。

Jリーグや海外の試合に賭けて小遣い稼ぐならこちら↓
The following two tabs change content below.

Seiya

海外サッカー中心に、日々観戦、リサーチしている20歳。小学生の時、ロナウジーニョに魅せられたのが、サッカーを観るようになったキッカケ。最近の推しは、アントワーヌ・グリーズマン、ケヴィン・デ・ブルイネ、ユリアン・ヴァイグル、ミッチェル・キミッヒ、などなど。 Twitterアカウント:@elnino_7_18。ぜひ、フォローお願いします。
LINE@が登録できない方はメールで更新情報をゲット!

LINE@が登録できない方はメールで更新情報をゲット!

1人の購読者に加わりましょう

サッカーの知識不足で悩んでいる人募集中!LINE@友達追加でfootwallサッカークイズを受けられるよ! サッカーのことで疑問に思ったことがあれば気軽に質問できます(^^)/

cd579acd4dca63d81f5cb8c6ff6904fe
(注意!サッカーバカになりたくない方は友達追加しないでください笑)
LINE@友達限定記事も読めます!
友達追加したい方は下記のバーコードをスマホで読み取ってね
iLlODFGBrG
うまく読み取りできない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。

1441594423ETxBEaeePcIFkeR1441594422

スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェア!

フォローする

スポンサーリンク