シェアする

監督が代わりブラジルが激変!アルゼンチンを3発でボコボコにしたロシアW杯南米予選の試合動画はこちら!

シェアする

スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓

ブラジルはネイマール、コウチーニョ、ガブリエウ・ジェズスの3トップという布陣

ロシアワールドカップの南米予選が10日に行われ、ブラジルとアルゼンチンが激突した。

バルセロナのネイマールをはじめ、リバプールのコウチーニョや2017年にマンチェスターシティに加入することになるガブリエウ・ジェズス

などブラジルは超豪華な布陣。



アルゼンチンはアグエロをベンチに置き、メッシ、イグアイン、ディ・マリアなどが先発

アルゼンチンもブラジルに負けず、豪華なメンツを揃えていた。

バルセロナのエースメッシをはじめ、MFにはクラブでメッシとチームメイトのマスチェラーノや

攻撃陣にはユベントスに移籍し好調のイグアイン、パリサンジェルマンのディ・マリアとチャンピオンズリーグに出場するチームに所属している選手ばかりである。

試合はアルゼンチンがまさかのボロ負け・・・柏レイソルファンには苦い記憶のパウリーニョも追加点を決めた

試合はほぼ互角の勝負になるだろう予想していたが、ドゥンガからチッチに監督が代わり快進撃を続けているブラジルはアルゼンチンでも止められなかった。

先制点をリバプールのコウチーニョがやや中央寄りのバイタルエリアからシュートを放ち、これがきれいに決まり早々に取る。

さらにはガブリエウ・ジェズスのスルーパスからエースのネイマールが落ち着いて決め2点目。

さらにダメ押しの3点目はかつてACLで広州恒大と柏レイソルが試合をやった際、強烈なフリーキックを決めた

パウリーニョが決めた。

中国に移籍しても、プレーのレベルが落ちてないブラジル代表のボランチがダメ押し弾を決め、

アルゼンチンを完膚なきまでに叩きのめした。

brasil-argentina-eliminatorias-sudamericanas-10112016_13xrrlc379rrd1jb7vms97t7gw

一方敗れたアルゼンチンは勝ち点をもらえなかったため、予選突破圏外のままである。

メッシなど世界的スターを要したスター軍団にとってロシアワールドカップへの道は同じく出場が危ぶまれている日本代表よりも困難かもしれない。


この記事の感想をコメント欄に書いてください。
みんなのサッカーに対する思いをシェアしよう!

記事が気に入ったらSNSでシェアしてくれると超嬉しいので下のボタンをポチってね。

LINE@が登録できない方はメールで更新情報をゲット!

LINE@が登録できない方はメールで更新情報をゲット!

83,719人の購読者に加わりましょう

サッカーの知識不足で悩んでいる人募集中!LINE@友達追加でfootwallサッカークイズを受けられるよ! サッカーのことで疑問に思ったことがあれば気軽に質問できます(^^)/

cd579acd4dca63d81f5cb8c6ff6904fe
(注意!サッカーバカになりたくない方は友達追加しないでください笑)
LINE@友達限定記事も読めます!
友達追加したい方は下記のバーコードをスマホで読み取ってね
iLlODFGBrG
うまく読み取りできない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓