シェアする

岡崎慎司のハードワークは世界基準!なぜ岡崎はレスターでスタメンを飾れたのか?

シェアする

スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓

レスターシティが2位トッテナムに勝ち点差7をつけプレミアリーグ優勝

日本代表岡崎慎司が所属するレスターシティは今季「奇跡」とも呼べるリーグ優勝を果たした。

それもそのはず、レスターシティは昨シーズンまで残留争いに巻き込まれていたチームだからだ。

それが今シーズンはラニエリ監督の元、超守備型の戦術で他チームを圧倒。

レスターの岡崎慎司はプレミアに挑戦したアジア人のパクチソンと並ぶ存在に

日本代表岡崎はプレミアリーグ初挑戦でリーグ優勝を経験した。

それは香川も同じだが岡崎の場合はそれとはちょっと異なる

レアケースだ。

優勝候補ではないレスターがリーグ制覇するなど、イングランドでは滅多にないこと。

次のチームが現れるまでにいったい何年がかかった?来季もそれと同じだ。今後10年、20年は同じだ

http://www.afpbb.com/articles/-/3086094

レスターのラニエリ監督がこう語っていることが何よりの証拠である。

岡崎はこの弱小クラブに入り、みごとリーグ優勝のタイトルを取った。

GettyImages-526797140-1

それは韓国の英雄でマンチェスターユナイテッドで活躍したパクチソンと並ぶ

いやそれ以上の存在になったといえる。

141664_heroa

パクチソンは控えだったが、岡崎はレギュラーだった。

岡崎慎司がレスターのラニエリ監督にで重宝されたのはハードワークを売りにするチームだったから

岡崎がレスターで先発を飾れたのは何より、チームがハードワークを売りにしていたことが大きい。

岡崎もプレミアに馴染むまでの数か月は自分はハードワークで貢献してチームを助けたいと言っていた。

FWは点を取らなければ使えない。


そんな常識をレスターと岡崎が変えたともいえる。

バーディやマレズが点を取り、岡崎が守備に貢献

チームのエースである、バーディやマレズが点を取り、岡崎がハードワークつまり豊富な運動量で攻守で貢献する。

このスタイルを構築したレスターは怒涛の勢いでプレミアを制覇してしまった。

バーディだけでもマレズだけでもおそらく優勝はできなかっただろう。


岡崎というハードワークの化け物がいることによって、この二人が自由に攻撃に専念することができた。

それがレスターの優勝につながった要因である。

レスターの優勝の瞬間をバーディ宅で祝った岡崎とチームメイト

トッテナムとチェルシーの試合をバーディ宅で観戦していたレスターの選手達。

そして26年間チェルシーのホームスタンフォードブリッジで勝利していない

トッテナムはそのジンクスを破れず、2-2の引き分けで試合を終えた。

その瞬間、レスターの優勝が決まり

バーディの自宅で観戦していたレスターの面々は大はしゃぎ。

この日、彼らは人生最高の瞬間を味わったに違いない。

もちろん我らが日本代表のストライカー岡崎慎司も。


この記事の感想をコメント欄に書いてください。
みんなのサッカーに対する思いをシェアしよう!

記事が気に入ったらSNSでシェアしてくれると超嬉しいので下のボタンをポチってね。

LINE@が登録できない方はメールで更新情報をゲット!

LINE@が登録できない方はメールで更新情報をゲット!

82,866人の購読者に加わりましょう

サッカーの知識不足で悩んでいる人募集中!LINE@友達追加でfootwallサッカークイズを受けられるよ! サッカーのことで疑問に思ったことがあれば気軽に質問できます(^^)/

cd579acd4dca63d81f5cb8c6ff6904fe
(注意!サッカーバカになりたくない方は友達追加しないでください笑)
LINE@友達限定記事も読めます!
友達追加したい方は下記のバーコードをスマホで読み取ってね
iLlODFGBrG
うまく読み取りできない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓