シェアする

戦術は西野監督より上?ハリルホジッチが監督だったらベスト8だったと思う3つの理由

シェアする

Youtubeでもサッカー情報配信しています!

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓

ハリルホジッチが続投だったらロシアワールドカップではベスト8も可能だった

最初に言っておくが、

親善試合に結果がでていなくてもハリルホジッチを

解任すべきではなかったと思っている。

西野さんは確かに日本人の中では優秀な監督だし選手のことは

ハリルよりも理解している監督だった。

だが型にハメない柔軟なタクティクスを持っているのは明らかにハリルの方である。

その戦術が披露される場はワールドカップ本番だったはず。

だがその場を与えられることはないままハリルは解任となった。

日本は西野監督となり、結果ベスト16に進出したが

もしハリルが指揮をとっていればその上ベスト8も可能だったと思っている。

その理由を簡単にまとめてみたのでみてほしい。

ハリルホジッチが用意していたロシアワールドカップ用の秘策は5バック

ハリルジャパンは親善試合のメンバー選考、戦い方をみてみるとまるで一貫性がなく

オーガナイズに欠けていたが、

逆に言えば南米、アフリカ、東ヨーロッパ、西ヨーロッパ用の

戦術を模索していたのではないかと言う事だ。

さらに守備においては、4バックでずっとやってきていたが

5バックで固めるのもハリルの選択肢にはあっただろう。

ラインをあえて下げて、ロングカウンターを狙う戦術は

解任される直前のウクライナ戦でもみえた。

長谷部を下げても相手に有効な戦術はロングカウンターしかなかったともいえる。

だからこそハリルは西野監督がスタメンで使わなかった山口蛍を

積極的に使っていたのだ。

ハリルのやり方であればパス精度がそこまで求められることはないからである。

「もし私がベンチに座っていたら、日本は2-0のリードを失うことはなかった。それは保証できるね。なぜなら私は、ベルギーに3点を奪われないために、どう動けば良いか分かっているからだ」

http://news.livedoor.com/article/detail/14989936/

ベルギー戦のことをハリルホジッチはこう語っていたが

日本に対する嫌味ではなく、本当に用意されていたプランがあったということである。

しかもベルギーとは一度対戦しているので、勝ちパターンも容易に準備できたのではないだろうか。

中島翔哉が西野ジャパンでいう本田圭佑だった。強豪国用に用意された切り札

ハリルが解任される直前に選ばれた

リオ世代の選手がいる。

そう中島翔哉だ。
Embed from Getty Images
彼はいずれ香川真司から10番をはく奪することになるであろう選手であり、

ポテンシャルが高い。

話を戻すと中島翔哉が使われた時間帯にハリルの戦術の意図がみえてくる。

中島がマリとウクライナ戦で投入された時間帯は、後半15分~35分の間だ。

これは相手にとって最も集中力がきれる時間帯であり、

実際、マリとの試合では中島のゴールで同点としている。

つまり彼を後半、同点もしくは、逆転するための切り札にしていたと考えられ、

最終ラインの人数を増やし、個人技に長けた中島で1発を狙う超カウンター戦術が

用意されていたということだ。

これはセネガルやベルギーとの試合で有効な戦術となったことだろう。

ロシアワールドカップで一番株を上げた男柴崎岳もスペインの経験を経てハリルのが正しいと理解する

柴崎は鹿島時代にハリルから要求されたことを

100%理解できなかったという。

それはハリルホジッチがヨーロッパ基準のサッカーを

日本人に求めていたからだと柴崎は語っている。
Embed from Getty Images
だが日本にいた頃は理解できなかったハリルの要求も

スペインに移籍してからは理解できるようになったみたいだ。

さらに所属するヘタフェとハリルジャパンで求められていることは

似ているとも語っており、

守備をベースにしたハリルの戦術は、ヨーロッパのトレンドだったわけである。

しかし一部の選手からはハリルの型にハメる戦術に不満もあり、

それが原因かはわからないが、解任させられた。

おそらくは国内で行われた韓国との試合に1-4で敗れたのが原因と思われる。

日本サッカー協会はもう少し様子をみようということになり、

3月の試合までやらせたのだろう。

しかし日本サッカー協会が我慢できずにワールドカップまで残り2か月という時点で

ハリルを解任させたことは間違っていたと言わざるを得ない。

ベルギー戦、ほぼ完璧とも言える試合だった。負けたといっても、ドローにでも、もしかすれば勝っていたかもしれない試合だった。

https://www.football-zone.net/archives/100422/5

これはハリルホジッチが解任会見のときにでた言葉である。

試合に負けはしたが、その前に行われたブラジル戦での修正点を

うまく改善していた。

少なくとも守備面においてハリルホジッチの戦術は完成間近だったことが

この時点でわかるのだ。

相手にクルトワや一部の選手が出ておらず、

ベストメンバーではなかったとはいえ、

シュート数もほぼ同じで大きく差がついてたのは支配率くらいである。

しかもこの試合では切り札である中島翔哉を使ってない。

おそらく使っていれば勝てた試合だっただろう。

ハリルが指揮をとった試合を線でつなぎ合わせるようにみれば、

ちゃんとした一貫性があったことがわかると

サッカーライターの清水英斗さんは雑誌に書いており、

ハリルのサッカーを線でみるか、1試合としてみるかで大きな差がでるとも書いていた。

普通の見方をすればあれだけ結果がでていない監督は無能だと斬り捨てるだろう。
Embed from Getty Images
しかし、今までの日本代表にはいない、つまり何がしたいかわからない監督であったがゆえに

ワールドカップ本番で何かしてくれそうな期待感があったので残念である。

これは個人的な好みなので真剣に受け取らないでほしいが

ハリルのつまらないサッカーが好きだったので解任したことは正解ではないと思っている。

ヨーロッパ式の最先端の戦術で戦いワールドカップで格上を倒す日本代表がみれなかったのは

3年間我慢して見続け、ハリルジャパンを応援したぼくにとっては非常に残念なことである。


この記事の感想をコメント欄に書いてください。
みんなのサッカーに対する思いをシェアしよう!

記事が気に入ったらSNSでシェアしてくれると超嬉しいので下のボタンをポチってね。

The following two tabs change content below.

Naoki

当サイトの管理人 フットボールアマチュアトーク(サッカートークチャンネルやってます) 静岡生まれ静岡育ちの自称「サッカーファン日本代表」 サッカーの知識は世界基準だと過信している「サッカーバカ」 最近はサッカー観戦術を身につけるため日々奮闘中。 管理人の詳細なプロフィールはこちら  

サッカーの知識不足で悩んでいる人募集中!LINE@友達追加でfootwallサッカークイズを受けられるよ! サッカーのことで疑問に思ったことがあれば気軽に質問できます(^^)/

cd579acd4dca63d81f5cb8c6ff6904fe
(注意!サッカーバカになりたくない方は友達追加しないでください笑)
LINE@友達限定記事も読めます!
友達追加したい方は下記のバーコードをスマホで読み取ってね
iLlODFGBrG
うまく読み取りできない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

ヨーロッパの主要リーグ観戦は格安航空券でお得に!↓