シェアする

リーガ通の予想を聞きやがれ!CL準決勝1stレグアトレティコ対レアルマドリード勝つのは?

シェアする

去る4月21日に行われたチャンピオンズ・リーグ準決勝ドロー抽選会。

結果は、ユヴェントス対ASモナコ、

そしてもう1カードは

昨年のファイナルと同じアトレティコ・マドリー対レアル・マドリーの”マドリーダービー”となった。

スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓

ジダンのレアルマドリードのほうがシメオネのアトレティコマドリードよりも優勢

アトレティコとしては、決勝で当たりたかった相手だろう。

アウェー戦を戦いに、国外どころか街からも出なくて良いというのは利点だが、

それ以外に良い点はほとんどない。

今季は、リーガで1分け1敗。

この1敗はリーガ最後の本拠地ビセンテ・カルデロンでのダービーだったが、

クリスティアーノ・ロナウドにハットトリックを決められ0-3で敗戦。

つい先日、敵地サンチャゴ・ベルナベウで行われた試合でも終盤に同点に追いつくのがやっとだった。

ここ3シーズンのダービーでの戦績はアトレティコに分があったが、

今季のみに絞るとマドリーが優勢だ。

さらに、決勝であれば1発勝負だが準決勝は2週間に渡ってのホーム&アウェーの2試合。

それも間の36節の相手はEL出場権確保に燃える難敵 エイバルだ。

年明けにあったコパ・デル・レイではかなり苦しまされていた。

コパ・デル・レイ準決勝の鍵はトーレスだ!シメオネの激によって覚醒したアトレティコがバルサの息の根を止めるのか?

あの時とはチームの状態は大きくと違うと言えど難しい試合になるのは間違いない。

CLストレートインの3位確保に向けてリーガでも手を抜けないだけに、

アトレティコとしてはかなり難しく、

そして今シーズンのすべてが決まる2週間と言っても過言ではないだろう。

バルセロナとのクラシコに敗戦したもののベイル以外は皆好調

対するマドリー。

今季はアトレティコに負けておらず苦手意識もないだろう。

クラシコで負けたことによりリーガでの余裕はなくなってしまったが、選手層は世界1。

ベイルは、また負傷離脱してしまったが、イスコ、アセンシオ、ハメスが好調。

DFラインもヴァランが怪我から戻ってきた。

また、ジダン率いるこのチームは不思議な運も持っている。

もちろんピッチ内において。

その最たる例が、”Noventa y Ramos”直訳すると「90分とラモス」セルヒオ・ラモスが、

試合の最終盤にゴールを決めることが多いことから最近よく使われる。

日本でマドリーの試合を見ていても耳にすることがあるはずだ。

さらに、少数精鋭で組まれた分厚いスカッドを生かした大胆なターンオーバーの採用により

コンディションをガクッと落とす有力選手がいない。

以前は頑なに全試合フル出場を要求し、

途中交代を告げられればその場で不満を爆発させていた

クリスティアーノ・ロナウドですら、最近はターンオーバーを受け入れているという。

”現場”の雰囲気は文句なしだろう。

あえて懸念を挙げるとすれば、

開幕前の記事でも書いたように、会長のフロレンティーノ・ペレスの存在だろう。

クラシコでイスコら好調の選手たちを差し置いてベイルの先発起用を強要。

そして、敗北を喫し1試合未消化とはいえリーガの首位の座をバルサに明け渡すこととなった。




それから1週間ほどが経つと、リーガとCLどちらも落とせばジダンを監督の座から解き、

現ドイツ代表監督のヨハヒム・レーブを新監督に招聘する準備をしているという報道が出てきた。

案の定ともお家芸とも言える半ば見慣れた光景だが、

レーブは以前からペレスが何度か監督招聘に動いてきた過去もあるだけに、

たとえW杯ロシア大会の1年前のタイミングとはいえ、電撃就任は0とは言い切れない。

ただ、あくまで噂の域を出ない上、

この報道の第一報を出したのがマドリー系メディアの中でも

アトレティコ寄りのASというのもあり、

CLに向けてライバルに揺さぶりをかけているという見方もできる。

CL敗退でアトレティコマドリードのグリーズマンは移籍の可能性大?勝敗予想は?

マドリーが前人未到の連覇への挑戦権を得るのか。

それともアトレティコが3度目の挑戦権を得るのか。

実に4シーズン連続のCLでのマドリーダービーだが、今回勝つのは、

マドリーと僕は予想する。

ウィリアムヒルの予想でもレアルが勝つと予想されている。

これが決勝であればまた少し違った予想になったかもしれないが、

2試合でマドリーを倒さなければならないというのは

アトレティコにとって重くのしかかるだろう。

正直、アトレティコがCLを獲るなら今シーズンがラストチャンスではと思っている。

理由は、大きく分けると2つ。1つは本拠地の移転。

もう1つは、選手、監督の進退のこと。

マドリーとは違い、チームは完成形に限りなく近づいており、

1つのサイクルとしても終わりが見えてきている。

レギュラーのゴディン、F・トーレス、ガビ、ファンフラン、F・ルイスは

30代前半から半ばにさしかかっている。

グリーズマン、カラスコ、サウール、オブラクらには引き抜きの噂が絶えない。

Football Soccer -Atletico Madrid v Rostov – UEFA Champions League – Vicente Calderon stadium, Madrid, Spain, 1/11/16. Atletico Madrid’s Antoine Griezmann celebrates his goal. REUTERS/Susana Vera

今年もマドリーに負けてCLを逃せば退団する主力選手が複数出てもおかしくない。

監督のシメオネもまた引き留めるのは難しいだろう。

開幕前には3冠を目指すことを口にするなど、かなりの覚悟を持って続投したはずだ。

Aupa Atlethi!

Hala Madrid!


この記事の感想をコメント欄に書いてください。
みんなのサッカーに対する思いをシェアしよう!

記事が気に入ったらSNSでシェアしてくれると超嬉しいので下のボタンをポチってね。

The following two tabs change content below.

Seiya

海外サッカー中心に、日々観戦、リサーチしている20歳。小学生の時、ロナウジーニョに魅せられたのが、サッカーを観るようになったキッカケ。最近の推しは、アントワーヌ・グリーズマン、ケヴィン・デ・ブルイネ、ユリアン・ヴァイグル、ミッチェル・キミッヒ、などなど。 Twitterアカウント:@elnino_7_18。ぜひ、フォローお願いします。
LINE@が登録できない方はメールで更新情報をゲット!

LINE@が登録できない方はメールで更新情報をゲット!

83,719人の購読者に加わりましょう

サッカーの知識不足で悩んでいる人募集中!LINE@友達追加でfootwallサッカークイズを受けられるよ! サッカーのことで疑問に思ったことがあれば気軽に質問できます(^^)/

cd579acd4dca63d81f5cb8c6ff6904fe
(注意!サッカーバカになりたくない方は友達追加しないでください笑)
LINE@友達限定記事も読めます!
友達追加したい方は下記のバーコードをスマホで読み取ってね
iLlODFGBrG
うまく読み取りできない方は ID @jqb3026o でID検索をして友達追加できますのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
日本代表・Jリーグの試合チケット買うなら↓